廣島どらごん(麻辣商人)@早稲田 - 高田馬場B級グルメ

廣島どらごん(麻辣商人 西早稲田)の紹介

廣島どらごんの店舗外観

麻辣商人[まーらーしょうにん]とは、2007年11月に広島県で創業した汁なし担担麺の店である。

廣島どらごんとは、多分、麻辣商人中区流川町店が2013年3月8日に西早稲田に移転して店名変更した店である。2月末日開店予定だったのが、3月4日に開店が延期され、そこからさらに開店が遅れた。実際に3月8日には店頭に暖簾がかかって、オープンできていたことを確認できたとき、小躍りするほど嬉しかった。いつのまにか、とても楽しみに開店を待っていたのだ。

麺やしげるの思い出と廣島どらごん

麺やしげるの白胡麻坦々つけめんは惹かれて近寄るものの腹を叩き壊す鈍器だった。あまりにも美味すぎた。そしてその翌日は必ずトイレで苦しんだ。あまりにも危険な店だった。

2013年3月8日に、麺やしげるが営業していた西早稲田の立地で廣島どらごんは開店した。

しげるの満腹感、激辛感を廣島どらごんに期待した。しげるの跡地である。ご飯が食べ放題なら満腹だろう。汁なし担担麺なら激辛だろう。開店するまでが楽しみでならなかった。

品名並盛大盛特盛
汁なし担担麺600円700円800円
冷し汁なし担担麺
どらごん麺800円
トッピング価格
青ねぎ増量+100円
ミンチ増量
とろ玉
特製
(上記3点セット)
+200円
フライドガーリック+100円
サイドメニュー価格
ごはん+100円
ドリンクメニュー価格
KIRIN一番絞り小瓶300円

100円を追加すると、ご飯が食べ放題で、自家製ザーサイがつく。

また、特製とはトッピングの青ねぎ増量、ミンチ増量、とろ玉の三点セットの追加である。通常+300円が+200円になる。

汁なし担担麺の価格

価格はとても重要である。名店麺やしげるが閉店してしまう立地条件に出店するのである。

汁なし担担麺は500円でも、3年以内に閉店に追い込まれるだろう。通常ならば、満足して、しかるべき価格設定なのだとは思う。しかし、立地条件が悪すぎる。

汁なし担担麺は490円が妥当な価格設定である。400円台というインパクトが要求されられてしまうのだ。この価格帯でどれだけ販売数を増やせるかがサバイバルの結果となるに違いない。

ちなみに、俺は冷し汁なし担担麺600円にお代り自由のご飯と刻みザーサイ+100円で、満腹になるまで麻辣な味わいを堪能し尽くすため、定期的に通ってしまうことは間違いなさそうである。自由に麻辣な味わいをカスタマイズできる点や、お代わり自由のご飯で満腹になれることが約束されている点が嬉しすぎるのだ。もし俺のコピーが100人いれば問題ないのだけども、大丈夫かなあ。不安だ。こういった嗜好に合致する方々は多いのだろうか、そして廣島どらごんがそういった嗜好に合致している店舗だと気づいている方々はどれだけいるのだろうか。

食べログでは好評、ラーメンデータベースでは無関心、ブロガーにもそこそこ好評なものの、俺自身が開店直後の残念な評価を拡散してしまっている。開店直後は本当に残念な店だったのだけれども、評価をあらためなければならない。ポイントはお代わり自由のご飯だ。店舗側は客に失礼のないような品質で今後もご飯を提供してもらいたい。ケロイドご飯はもう御免被る。そのうえで、大声で叫びたい。

美味いよ!満腹だよ!麻辣の辛さ痺れを堪能してみてよ!特に花椒の痺れをこんなにも堪能できる店は高田馬場・早稲田周辺ではないよ!体験してみてよ!ご飯、ザーサイの追加注文+100円は必須ね!

廣島どらごん(麻辣商人 西早稲田)の卓上調味料

麻辣商人の魅力の一つは卓上調味料にあるに違いない。自家製辣油が特に一押しされている。自家製辣油の他にも各種調味料が卓上に置かれる。

予想

現実(開店直後)

開店直後の廣島どらごんの卓上調味料は、5種類だけだった。

廣島どらごんでは黒酢にんにくもガーリックチップも卓上には置かれていない。ガーリックチップは+100円のトッピングメニューになってしまった。

廣島どらごん(麻辣商人 西早稲田)の店舗情報

廣島どらごん(麻辣商人 西早稲田)の営業時間

11:00から26:00までのはず。年中無休のはず。ただし運が悪いとなぜか閉店になっていることもある。

廣島どらごん(麻辣商人 西早稲田)の住所

新宿区西早稲田3-15-5

早稲田通り沿い北側で、馬場口交差点から早稲田方向へ数分。

他のページもどうぞ!

作者:馬場飯