松そばが清瀬で十割そば350円メニューを掲げて創業(松のや併設) - 松屋ファンクラブ

松屋が2019年11月13日に清瀬で蕎麦屋の展開を開始した。松屋の蕎麦屋は松そばという。松そば1号店は松のやを併設しての創業となった。

松屋は松のや、ヽ松でフライヤーのノウハウを蓄積し、松そばで天ぷらメニューの提供を開始する。

松そばは十割そばを350円で販売する。驚くべき価格ではあるものの、いわもとQ嵯峨谷で350円未満の低価格を既に経験しているので、松そばの十割そばが押し出し式製麺機による十割そばなのか、それとも違うのか、という点のほうがむしろ気になってくるが、どうやら押し出し式製麺機ではないらしい。松そばの十割そばは、ほろほろと崩れてしまうらしいのだ。押し出し式製麺機を導入せずに正攻法で十割そばを提供しようとした可能性が高い。その結果、箸で持ち上げようとすると切れてしまうそばになったのだ。

松そばのそばを食いてぇー。松そばのそばを食べて、十割そばなのに、このクオリティはなぜなんだとボロクソに書き散らしてみたい。ただ5%前後の確率で、松そばのそばを絶賛する可能性があるような気がする。最初に期待値を最小限まで下げていきたい。そのうえで感動を味わいたい。そんな気持ちがある。崩れ落ちるそばでも美味ければ問題ないのだが、崩壊する時点で既にそばの質として問題だ。温かいそばだと不味そうなので、仮に注文できる状況にまでこぎつけたならば、冷たいそばで注文しよう。これは必須だ。

なお、松そばは提供時間が遅くなりがちらしく、その不満をウェブ上でよく見かけた。腹ペコの状態で松そばで注文することは避けよう。注文してから20分後に食事が提供されるものだと考えておこう。やっぱり最初に期待値は最低まで下げておきたい。提供時間の遅さはオープン直後でオペレーションが不慣れであることが主な原因のはずだが、引き続き注目し続けていきたい。

松そばは清須駅でしか食べられない

本当に清須駅の松そばに訪問する機会なんかがあるのだろうか。清瀬駅は池袋駅から西武池袋線で30分だ。往復1時間にもなる。

2017年4月に秋津駅から武蔵大和駅まで迷走していた。秋津駅前のやきとり専門店野島でレモンサワーともつ煮を平らげ、気持ちよくなって武蔵大和駅まで放浪していたようだ。2時間位歩いていた。武蔵大和駅近くのカネマンのトーワ店でストゼロシークワーサーロング缶と鶏もも肉のねぎ塩だれを購入して、狭山公園ベンチに腰掛けて堪能していた。そんな一日があったのだ。秋津駅に到着する前、なぜか清瀬駅プラットフォームの時刻表が撮影されて残っていた。これが人生のなかで唯一の清瀬の思い出となる。もはや思い出ですらない。記録である。

今後、清須に訪問する機会があったら、間違いなく、松そばにも訪問することだろう。そこで蕎麦を注文するのだ。もしかするとマズイと酷評するかもしれない。だが、天ぷらはどうなのだろうか。既に松のやで充分な経験を積んできている。揚げたてだろうか、揚げおきだろうか、松そばの真骨頂は天ぷらにこそあるのではなかろうか

松そばのメニュー(価格)は朝メニューが最強?

区分品名価格
そば十割そば350円
とろろそば450円
納豆まぜそば500円
牛ぜいたく盛り肉そば680円

松そばは天ぷらそばメニューが基本となる。

品名天ぷらそば定食
海老天ぷら海老2尾、なす620円
天ぷら海老2尾、イカ・鶏天、野菜2種720円550円740円
かき揚げかき揚げ
上天ぷら海老2尾、大イカ・キス、野菜2種860円690円880円
大海老天ぷら大海老2尾、なす890円
特上大海老天ぷら大海老2尾、大イカ・キス、イタヤガイかき揚げ、野菜2種1,150円980円1,170円

松そばの天丼メニューは、天ぷらそばと比べて170円ほど安く、そばがライスとみそ汁に変わる。松そばの定食メニューは、天ぷらそばと比べて20円ほど高く、そばがライスとみそ汁など、定食用のセットに変わって、店内飲食限定であるものの、ライスとみそ汁がおかわり無料になる。

そばと丼(小丼含む)をセットで注文すると50円引きになる。

松そばの通常メニューで注目しているのは、小天丼、小かき揚げ丼で350円である。ライス大盛りは松屋ならば+60円である。松そばも同様だとすると410円になる。これで満足できれば素晴らしい。だが、きっと難しい。ライス大盛りが可能かどうかさえ疑わしい。情報収集が必要である。

品名価格
小牛肉丼350円
小天丼
小かき揚げ丼

しかし、きっと松そばのメニューで最も注目すべきなのは朝メニューである。全て生玉子か温泉玉子かがつく。5時から11時までの限定メニューだ。例えば、朝そばは、冷たいそばか温かいそばかに玉子かけご飯がついて360円となる。そばはもちろん十割そばである。清瀬駅近隣住民の歓喜の声が聞こえる。

区分品名価格
朝定食朝そば(ライス付)360円
朝そば納豆セット400円
小牛肉丼セット500円
小天丼セット550円
小かき揚げセット

松そばのみそ汁は無料サービスか?

店舗外観

松屋のみそ汁は数店舗しかない頃から無料サービスされ続けてきた。みそ汁は松屋のロゴにも採用されており、大きな赤丸がお盆で、青丸が丼、そして黄丸がみそ汁椀だ。それにあらためて看板の店名も眺めてみると、「松屋」の「松」の「ハ」のところが、丼とみそ汁椀に見えてくる

松屋と同様にみそ汁を無料サービスする松のやの看板の店名も同様だ。「松のや」の「松」の「ハ」が丸みを帯びて丼とみそ汁椀のようだ

松そばは蕎麦屋だ。そばにみそ汁は無料サービスでつけない。そもそも、そばにみそ汁をつける必要がない。「松そば」の「松」の「ハ」は丸くない丼とみそ汁椀ではないのだ。松そばでは、そばがみそ汁と一緒に提供されない。だから、「松そば」の「松」の「ハ」は丸みを帯びることができなかったのだ。

松屋のみそ汁無料サービスにかける執念が感じられる。松そばオープンに際しても、そば提供時にみそ汁を無料サービスでつけるかどうか、会議で議題になったに違いない。

社員A「そば提供時にみそ汁を無料サービスすることを真摯に検討しましたが、どうしてもできません」

社員B「それは松屋の魂を汚す発言です。撤回してください」

社員A「もちろん俺だって、本当はみそ汁をつけたいさ!でも、どうしても無理だったんだ…もりそばに、みそ汁は…申し訳ない」

社員B「承知しました。でも、松そばの看板は修正しましょう。松そばではもうみそ汁をサービスすることができないんだから」

松屋のみそ汁愛は他社と比べ物にならない

他のページもどうぞ!

作者:馬場飯