au PAYの40%還元とd払い吉野家キャンペーン - 高田馬場B級グルメ

2020年2月10日からau PAYのキャンペーンが開始した。税込200円で40ポイント付与される。期間は2020年2月10日から3月1日までとなるが、その後も3月2日から22日まで、3月23日から29日までと3回開催される。付与上限は各期間3万、3万、1万ポイントっだ。

dポイントカードのキャンペーンを併用して、ファミマやローソンでdポイントカードを提示後、au PAYで決済すれば約40%還元を実現することも可能だ。しかも、ファミマでは冬フェスタが2月11日から29日まで開催される。税込700円でくじが1枚引ける。今回は刀剣乱舞とのコラボらしい。

しかし、とにかくau PAYは上限額が高いため、家電量販店などで高額の買い物をしない限り、満額の還元を受けることは難しそうだ。約20%という割引に釣られて、本来、購入しなくてもいい買い物はするべきではないが、買い物には良い機会だ。

いくつか疑問がある。Amazonギフト券やGoogle Playカード、iTunesカードのようなPOSAカードを購入した場合、キャンペーンのポイント還元はあるのだろうか。au PAYでの決済を断られたケースをウェブで見つけた。仮に店員が誤って、au PAYで決済したら、どうなるのだろうか。このケースは調べても分からなかった。続いて、切手だ。切手を購入して、au PAYで決済して、ポイント還元予定にカウントされているケースをウェブを見つけた。転売すれば、利益が出てしまう。最後に煙草だ。切手と同様に、煙草を購入して、au PAYで決済して、ポイント還元予定にカウントされているケースをウェブを見つけた。転売こそできないが、喫煙者にとっては通常値引きされない煙草を安価に購入できる機会となりそうだ。

au PAYのキャンペーンは期間が長く、上限額も大きい。引き続き有効活用できる方法を確認していきたい。

ところで、2020年2月のおすすめはPayPay,dポイント,au PAYという前回記事で書き忘れたことがあった。d払いの吉野家キャンペーンだ。2020年1月31日から2月29日まで吉野家での決済をd払いにすると、dポイントが+20%還元される。上限は1,000ポイントである。

仮にPayPayで決済すれば、PayPayボーナスが40%還元される。d払いよりもPayPayのほうがお得であることに間違いない。しかし、PayPayは上限額が非常に小さい。キャンペーン期間中の付与合計上限がPayPayボーナス1,500円相当しかないのだ。3,750円の支払額でPayPayボーナスの付与合計上限額に達する。

そこでd払いの登場となる。吉野家での決済はd払いにして、PayPayでの決済は他店で利用することにする。PayPayは間違いなく期間中に上限に達する。吉野家のd払いは5,000円でやっと上限の1,000ポイントに達する。期間中に上限まで利用し尽くすことが難しいくらいだ。

なお、吉野家ではTカードを提示して、Tポイントを貯めたうえで、d払いで決済するのが最もお得になる。また、吉野家は、公式アプリのインストールで50円引きクーポンLINEの友だち追加でも50円引きクーポン吉野家会員に登録してメールを受信することでも何らかのクーポンを受け取ることができる。これらのクーポンとTポイント、d払いの並用も可能だ。ご存知なかった方々は、d払い+20%還元が利用できる2月末までがクーポンデビューの良い機会になりそうだ。

さて、とりあえずau PAYとdポイントの40%還元でコンビニショッピングと洒落込もうかと思う。

他のページもどうぞ!

作者:馬場飯