中華料理 - 高田馬場B級グルメ

500円のワンコインランチ中華定食

都内の格安な中華料理店では500円のワンコインランチ中華定食を提供していることが多い。こうした店を発見することが最初のハードルだ。何店か発見できたら比較しよう。ポイントは次のような点だ。

酸辣湯麺

酸辣湯麺が大好物だ。

上海菜館の酸辣湯麺が生涯で最も美味かった酸辣湯麺だった。しかし、もっと美味い酸辣湯麺が食べられる店を探してみようと高田馬場・早稲田周辺の店を探索しはじめたところ、嫁様にせがんでつくってもらった酸辣湯麺が高田馬場・早稲田周辺の中華料理店の酸辣湯麺はもちろん、上海菜館を上回る美味さだったため、探索はストップしてしまっている。

いつでもどこでも嫁様の酸辣湯麺を食べられるわけではない。引き続きゆっくりとでも酸辣湯麺の探索は継続していこう。

好みの酸辣湯麺

酸辣湯麺の参考ページ

酸辣湯麺
当サイトの食日記ブログだ。
2011年12月時点で酸辣湯麺の3つの記事がある。天一房、東北餃子房、沁春園だ。
B食倶楽部 - めしLog : 酸辣湯麺
2011年11月時点で酸辣湯麺の71の記事がある。

高田馬場・早稲田周辺の酸辣湯麺

天一房、東北餃子房、沁春園は当サイトの食日記ブログに書いた。

華翠苑はメニューに酸辣湯麺がなかった。敦煌や座・麻婆唐府にもなさそうだ。

潤鑫源に酸辣湯麺があるかどうかは不明だ。

一番飯店は酸辣湯麺ではなく、酸辣タンメン[すーらーたんめん]だそうだ。780円らしい。あくまでも酸辣・タンメンであって、酸辣湯・メンではないらしく、野菜炒めをたっぷり乗せたタンメンを酸っぱ辛くしたもの*とのことだ。

石庫門の酸辣湯麺は700円だ。坦々麺が550円なのに比べると高い。

秀英の酸辣湯麺は、他のメニューに比べてあまり好評とはいえないようだ。

成都にも酸辣湯麺があるが、自分とは相性の悪い店なので、多分、訪問することはなさそうだ。

担々麺

担々麺が大好物だ。

熱烈上海食堂の担々麺が生涯で最も美味かった担々麺だ。直観だが、もっと美味い担々麺が食べられる店は高田馬場・早稲田周辺にはない。生涯をかけて引き続きゆっくりとでも担々麺の探索は継続していこう。

好みの担々麺

炒飯

炒飯が好物だ。

炒飯は難しい。どういう炒飯が好みなのかも未だ定かではないからだ。

兆徳の炒飯が生涯で最もパラパラして美味かった炒飯だ。これは間違いない。兆徳の炒飯を食べて、一粒々々の米がほぐれた炒飯というのはこういう炒飯なのかと感動したのだが、この炒飯が本当に好みの炒飯なのか、何だかそれは違うような気がするのだ。

タンギョー

タンギョーとはタンメン+餃子のことだ。

他のページもどうぞ!
作者:馬場飯